まずは「HPを見た」とお電話ください
TEL:06-6453-2111
メールでのご予約・お問い合わせ

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-1-51 堂島クロスウォーク4F MAP

【完全予約制】
月・火・水・金…10:00~19:00 / 木・土…10:00~17:00 
※日・祝休診

ハイブリッド型鎮静法(笑気吸入鎮静+鎮静剤)

SEDATION METHOD

笑気吸入鎮静法を用いる目的

先端恐怖症や腕に針を刺す時の痛みも辛いという方。
腕の注射に対して過去にトラブルの経験や不安をお持ちの方に対しての苦痛軽減
治療開始前の「ちょっとした痛み」に対しての不安を軽減することができる

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法によってもたらされる精神状態

笑気吸入鎮静法は、痛みを抑えたり、不安感を抑制する作用をもたらすものではありません。したがって、痛みそのものを感じさせなくする効果は残念ながら得られません。

それでも、笑気吸入鎮静法をもちいる理由は、気持ち(精神状態)を 「なにかをするのが面倒・・・」「どうでも好きにしてもらって構わない・・・」など、 “思考することそのものを一時的にとめること”によって、施術を受けることを容易にすることができるからです。

「不安感」そのものの原因は、頭の中をグルグルと巡る“思考”によるものです。その不安感という思考がより強力に頭を巡ると、「治療を受けられない」という結果を引き起こしてしまうのです。

そこで、「治療を開始する前」に笑気吸入鎮静法を用いることで、治療のスタートラインをスムーズにすることができ、結果としてその後の治療も円滑に進めることができるようになります。

飛行機の発進、車の発進など、どのような行動も、「出だし」が最も馬力が必要となります。その出だしさえ乗り越えることができれば、ほぼ治療は成功に近づきます。

笑気吸入鎮静法の限界

上述した通り、笑気吸入鎮静法を利用する目的は、「痛みの軽減」「苦痛の軽減」ではなく、
「精神的な不安の軽減」
です。
したがって、たとえ笑気吸入鎮静法を施したとしても、実際の治療においての痛みや苦痛が緩和される効果はほとんど見込むことができません。 そこで、必要とされる麻酔法が、「静脈麻酔法」であり「全身麻酔法」という、より痛みや意識そのものを停止し、眠ったような状態に導くことができる高度な麻酔法になります。

これらの静脈麻酔法や全身麻酔法は、麻酔科としての専門的な経験や知識を求められることから、残念ながら全ての歯科医院で施せるわけではなく、実施可能とされているクリニックにおいても、外部の大学や総合病院などから、専門の麻酔科医を招聘して対応するところがほとんどです。

笑気吸入鎮静法の限界を超えた快適な歯科治療を行うためのハイブリッド型鎮静法

当院においては、歯科医師の全てが「日本歯科麻酔学会」に登録しており、数多くの専門的な麻酔法を知識だけでなく、経験も伴って習得しています。

そのため、初期の不安感の解消のために、笑気吸入鎮静法を用いて精神的安定感を獲得しつつ、
その後、高度な麻酔法を用いることで、治療の開始から終了に至る全ての過程で安心・安全、快適を実現できる無痛歯科医療体制
を構築しております。

複数の麻酔法を組み合わせることは、麻酔に対する造詣を深くもち、注意深く行うことが必要となりますが、当院では開業当時から数多くの患者様に対してこの治療法をご提供し、無事故を維持しつづけております。

麻酔を生かした「心の痛みも治せる治療」
あなたの悩み・不安を解消いたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

完全予約制

pagetop