まずは「HPを見た」とお電話ください
TEL:06-6453-2111
メールでのご予約・お問い合わせ

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-1-51 堂島クロスウォーク4F MAP

【完全予約制】
月・火・水・金…10:00~19:00 / 木・土…10:00~17:00 
※日・祝休診

再生医療(CGF)

CGF

再生医療CGFとは

再生医療CGFとは
「Concentrated Growth Factors」の略で、直訳すれば、「濃縮成長因子」ということになります。 実際に生成、使用するのは、「血小板や成長因子を高濃度に含むフィブリンゲル」で、通常はこの血小板を多く含んだフィブリンゲルをCGFと呼んでいます。

血小板の働き-止血と組織の修復

血小板の働き-止血と組織の修復
「血小板」は耳にされたことがあるかと思います。血液中の成分のひとつです。傷ついて出血した際に、まず血小板が集まって傷口を塞ぎ、出血をとめる作用があります。
血小板には傷を治癒させるための成長因子(細胞増殖や血管新生などを促進する物質)が含まれており、血栓を形成した後に、この成長因子を放出することで、組織を再生、傷の治癒を促します。

CGFの使用法

1.手術後の組織の再生、治癒を促進

インプラント埋入手術や骨造成術、抜歯術の手術部位に、CGFを用いることで、多くの血小板と成長因子を存在させることができ、組織の再生、治癒が促進されます。

2.完全自己血由来

患者様自身の血液、細胞ですので、拒絶反応、アレルギー反応、術後感染の心配がありません。

3.手術に適した性状

CGFはゼリーのようなゲル状であり、手術部位にとどまり易く、他の補填材との混合も可能です。手術用の素材として大変適した性状です。

麻酔を生かした「心の痛みも治せる治療」
あなたの悩み・不安を解消いたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

完全予約制

pagetop