まずは「HPを見た」とお電話ください
TEL:06-6453-2111
メールでのご予約・お問い合わせ

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-1-51 堂島クロスウォーク4F MAP

【完全予約制】
月・火・水・金…10:00~19:00 / 木・土…10:00~17:00 
※日・祝休診

ドクターコラム

COLUMN

7月のラジオ出演

2015年07月06日

山本院長が 毎月第一金曜日
ラジオ出演しております♪♪
FM OSAKA (FM851) 8時20分からの
若宮テイ子 さんのWELCOME!!!!☆☆

山本院長は10時05分からの
【 教えて!歯医者さん 】
デンデンデンタルちゃんのお悩みに
お答えしていくコーナーです!!
本日のデンタルちゃんの質問は『知覚過敏』について
これから益々暑くなっていく季節。
アイスやかき氷が食べたくなりますが、そこで気になるのは冷たいものや甘いものを食べた時に歯や歯茎がしみること!デンタルちゃんもお悩みの様子。
そもそも知覚過敏とはなんなのでしょうか。
歯茎がしみていると感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、本当に刺激が伝わっているのは歯の象牙質という部分。
虫歯や歯ぎしりで歯の表面のエナメル質という部分が欠けてしまったり、わかりやすい場所では歯茎が下がってしまった所が象牙質にあたります。この象牙質の部分に何かが触れると中の神経に刺激が伝わり、しみたり、痛いといった症状がでてしまうのです。
歯茎が下がってしまう原因には、ハミガキを強くしてしまい歯磨き粉の研磨作用で歯茎を傷つけてしまっている、そして主には歯周病があります。
また、歯医者さんに行って歯石を取った後にしみることが有りますが、それは歯石が下がってしまった歯茎の部分を覆っていた事で痛みを感じていなかったというだけで、一見歯医者さんに行ったことが知覚過敏の原因の様に感じられますが、知覚過敏をほんとうの意味で治すには歯石を取り、ブラッシングをして歯茎を元の位置に上げていけるようにすることが最善なのです。
そしてご家庭で出来る対策としては、商品名も思い浮かびやすいと思いますが、知覚過敏専用の歯磨き粉を使って見ることです。
それでも痛みが出る場合、虫歯が進行している可能性もありますので歯医者さんには定期的に通うことが1番ですね!
若宮テイ子 さん 楽しいお時間を
ありがとうございました★★

麻酔を生かした「心の痛みも治せる治療」
あなたの悩み・不安を解消いたします。
ぜひお気軽にご相談ください。

完全予約制

pagetop